EXPO

開催概要

EXPO会場では、ITIL®の普及促進を目的として、
後援団体によるITサービスマネジメントを取り巻く業界の最新動向講演や
スポンサー企業による最新ソリューションの講演、展示を通して、
ITサービスマネジメント専門展示会ならではの充実した情報を発信いたします。

出展団体・企業による展示ブースとセミナなど、充実した内容で皆様をお迎えいたします。

◎日時
2013年11月27日(水)12:00~18:30
2013年11月28日(木)12:00~18:30
◎会場
ガーデンシティ品川(東京・SHINAGAWA GOOS 1F)
◎主催
特定非営利活動法人 itSMF Japan
◎入場料
EXPOのみの参加の場合の申込期限:11月26日(水) itSMF Japan
入場料無料(itSMF Japan会員・一般)
※事前登録制 ※2日間の入場
※コンファレンス登録者は、事前登録なしでご入場いただけます。

タイムテーブル

  • クラウド
  • BYOD
  • DevOps
11月27日(水) 11月28日(木)
ネクサス(定員100名) アネモネ(定員50名) ネクサス(定員100名) アネモネ(定員50名)

 スポンサ講演
 12:30~13:00

クラウド
  クラウドスポンサ講演
12:30~13:00
 
Remedyforce : BMCとSalesforceの共同開発による革新的なフルクラウドITサービス管理ソリューションBMCソフトウェア
駒林 一彦氏
HPソフトウェアの提供する最新クラウド管理ツール日本ヒューレット・パッカード
河込 隆暁氏

 スポンサ講演
 13:15~13:35

BYOD
後援団体講演
13:00~13:30
スポンサ講演
13:15~13:35
後援団体講演
13:00~13:30
これからのモバイル・デバイス管理とは日本IBM
南郷 理恵子氏
ITコーディネータ協会とSLA
~SLAサンプルと記述のポイント~
ITコーディネータ協会
古川 博康氏
ITIL®エキスパート資格はこうしてGET合格するアーク
荒川 幸式氏
プロジェクトマネジメントの潮流
~グローバル・リーダーの育成に向けて
~いよいよ待ったなし~
PMI日本支部
田坂 真一氏

 スポンサ講演
 13:50~14:10

クラウド
後援団体講演
13:45~14:15

 スポンサ講演
 13:50~14:10

クラウド
後援団体講演クラウド
13:45~14:15
ロケーションを選ばず、すばやく使えるクラウド型ITサービスマネジメントツールのご紹介ビーエスピー
森 康晴氏
ITサービスの見える化への挑戦
~JEITA(ITサービスビジネス環境整備専門委員会)活動のご紹介~
電子情報技術産業協会
銅玄 智昭氏
System Center 2012 R2 がもたらすハイブリッドクラウド時代の
運用管理
日本マイクロソフト
エグゼクティブ プロダクトマネージャー
窪田 彰子氏
クラウド時代の新しいソフトウェア開発の潮流
~Agile手法を取り巻く米国の最新事例の紹介と日本のITベンダへの提言~
情報サービス産業協会
出本 浩氏

スポンサ講演
14:25~14:55

クラウド
後援団体講演
14:30~15:00
スポンサ講演
14:25~14:55
後援団体講演
14:30~15:00
OpenFlowベースのSDNを実現し、クラウド環境のネットワーク運用コストを大幅に削減NEC
藤田 朋生氏
共通キャリア・スキルフレームワーク
(第一版・追補版)
~変化を捉え、チャンスに変えるには~
情報処理推進機構
小室 智子氏
ServiceNow - ITサービスを企業内のあらゆるサービスへ拡張する唯一のソリューションServiceNow Japan
藤本 寛氏
ビジネスリスクの
視点から見た
ITリスクマネジメント
日本ITガバナンス協会
梶本 政利氏
スポンサ講演
15:15~15:45
後援団体講演
15:15~15:45
スポンサ講演
15:15~15:45
後援団体講演
15:15~15:45
ランブック・オートメーションを活用した、ITサービス運用管理標準化の実践富士通
杉森 英夫氏
ISACAが提供するITマネジメント分野のグローバル資格のご紹介ISACA東京支部
坂本 正徳氏
発売から20年、「Senju Family」による変更/リリース管理野村総合研究所
須藤 和宏氏
ITSMS認証審査の課題日本マネジメントシステム認証機関協議会
布村 仁志氏

スポンサ講演
16:00~16:30

クラウド
itSMF Japan講演
16:00~16:30
スポンサ講演
16:00~16:30
DevOpsitSMF Japan講演
16:00~16:30
日立のクラウド、その導入実績と運用ノウハウのご紹介日立製作所
坂内 聡氏
ITSM導入を成功に導くためのフレームワークとの付き合い方itSMF Japan出版プロジェクト
近野 章二氏
グローバルに展開するNTTコミュニケーションズのデータセンタNTTコミュニケーションズ
五十嵐 彰彦氏
DevOps開発と運用の
ランデブー
~運用部門がリードするDevOps促進のアプローチ~
itSMF Japan出版プロジェクト
岩村 郁雄氏

メディアスポンサ講演
 16:45~17:30

クラウド
後援団体講演
16:45~17:15

メディアスポンサ講演
 16:45~17:30

DevOps
DevOps後援団体講演
16:45~17:15
SDN/OpenCloud時代のシステム運用を考えるITビジネスアナリスト
大元 隆志氏
ISO/IEC 20000 Part2 改訂概要とITSMSハンドブック~事例から学ぼう~シリーズのご紹介 日本情報経済社会推進協会
塩田 貞夫氏
DevOps時代のシステム運用と開発のあり方国際大学GLOCOM客員研究員
林 雅之氏
サービスの開発と運用とビジネスの連携
~ITIL®とビジネスアナリシス~
IIBA日本支部
川添 真智子氏
スポンサ講演
17:40~18:00
     
ITIL®のその先へ。
~ITSMとPMとSGと~
日本クイント
最上 千佳子氏

展示会レイアウト

講演者紹介

ネクサス(定員100名)

  • 12:30~13:00
  • スポンサ講演

HPソフトウェアの提供する最新クラウド管理ツール

仮想インフラストラクチャ、プライベートクラウドサービス、ハイブリッド環境に移行するアプリケーションやワークロードが増加した場合、パフォーマンスの問題は簡単には解決できなくなってしまいます。なぜなら、クラウドシステムや仮想システムが非常に動的であるからです。HP Virtualization PerformanceViewer(vPV)は、パフォーマンスの問題やボトルネックを短時間で解決します。

PROFILE
日本ヒューレット・パッカード株式会社
HPソフトウェア事業統括 プリセールス統括本部 Ops プリセールス 部
河込 隆暁氏
  • 13:15~13:35
  • スポンサ講演

ITIL®エキスパート資格はこうしてGET合格する

ITIL®エキスパート資格は、グローバルスンダードのマネジメントを修得した「IT業界のMBA」と位置づけられます。ITサービス企業の上級マネジメントには、ぜひ取得していただきたい資格です。しかし、非常に難易度の高い試験のひとつとして有名です。では、どうすれば、より短期間に、よく効率的に合格することができるのか? 試験の出題範囲を示すシラバスとコア書籍の関係、日本では例のない傾斜採点方式への対応など、その合格ノウハウの一部をご紹介します。

PROFILE
株式会社アーク
代表取締役
荒川 幸式氏
  • 13:50~14:10
  • スポンサ講演

System Center 2012 R2 がもたらすハイブリッドクラウド時代の運用管理

ハイブリッド クラウド環境では、管理対象の増加による運用管理の複雑化が課題となっています。これは、ヒューマンエラーを誘発し、管理コストを増加させる可能性があります。本セッションでは、展開先環境を意識せず、異種混在環境の運用管理を一元化する、System Center 2012 R2 についてご紹介します。

PROFILE
日本マイクロソフト株式会社
エグゼクティブ プロダクトマネージャー
窪田 彰子氏
  • 14:25~14:55
  • スポンサ講演

ServiceNow - ITサービスを企業内のあらゆるサービスへ拡張する唯一のソリューション

ITIL®に代表されるITサービスマネジメントのベストプラクティスはIT以外の領域にも応用することが可能で す。例えば、総務部にはファシリティ関連のリクエストが多数寄せられますが、対応するプロセスはITサービスマネジメントの場 合と大きくは変わりません。私どもはこれを「サービスリレーションシップマ ネジメント(SRM)」と呼んでいます。本講演では、デモンストレーションをご覧頂きながら、ITSM及びSRMの具体的な利用イメージをご紹介いたします。

PROFILE
ServiceNow Japan株式会社
社長
藤本 寛氏
  • 15:15~15:45
  • スポンサ講演

発売から20年、「Senju Family」による変更/リリース管理

ITの「所有」から「利用」への変化に対応するにはDevOpsの実現、特に変更管理・リリース管理がポイントになります。ただし、これまでのサービスデスクツールでは教科書的なプロセスは整理できても実運用で苦労するケースがありました。
来年、発売から20年目を迎える運用管理ツール「Senju Family」は常に運用現場の視点でITサービスを支えてきました。本セッションでは「Senju Family」による最適な変更/リリース管理を具体的な事例も交えてご紹介します。

PROFILE
株式会社野村総合研究所
IT基盤インテグレーション事業本部
須藤 和宏氏
  • 16:00~16:30
  • スポンサ講演

グローバルに展開するNTTコミュニケーションズのデータセンタ

NTTコミュニケーションズのデータセンターは、全世界で120拠点以上を数え、世界でも有数の規模を誇ります。また、その最先端の技術や最高水準のサービスは、ASPICアワードでデータセンター部門で総合グランプリを獲得するなど、各種メディアでも高い評価を得ています。このグローバルに展開するデータセンタをご紹介するとともに、最高品質のサービスを支える、サービスマネージメントをご紹介いたします。

PROFILE
NTTコミュニケーションズクラウドサービス部データセンタサービス部門
担当部長
五十嵐 彰彦氏
  • 16:45~17:30
  • メディアスポンサ講演

DevOps時代のシステム運用と開発のあり方

クラウドコンピューティングの普及により、アプリケーションの開発環境の拡張や、セルフサービス方式による柔軟なITインフラの変更、運用自動化のツールなど、DevOpsを実現するための環境が整いつつあります。本講演では、DevOpsにおける考慮点やクラウドを前提としたDevOpsの環境を整理するとともに、事例なども交えながら、システム開発と運用のあり方を考察します。

PROFILE
国際大学GLOCOM客員研究員
林 雅之氏

アネモネ(定員50名)

  • 13:00~13:30
  • 後援団体講演

プロジェクトマネジメントの潮流 ~グローバル・リーダーの育成に向けて
~いよいよ待ったなし~

プロジェクトマネジメントの世界における潮流についてご紹介する。特に日本と世界という切り口で、グローバル・スタンダードを取り入れたプロジェクトマネジメントの重要性について語り、『何時やるの、今でしょ』の流行語がまさにあてはまるところをご紹介する。

PROFILE
一般社団法人 PMI日本支部
事務局長
田坂 真一氏
  • 13:45~14:15
  • 後援団体講演

クラウド時代の新しいソフトウェア開発の潮流
~Agile手法を取り巻く米国の最新事例の紹介と日本のITベンダへの提言~

消費者のニーズの多様化やサイクルの短縮により、ユーザ企業のビジネス環境は不確実性が高まっている。こうした状況を背景として、迅速かつ柔軟なITの実現が求められており、変化する事業環境に合わせてITの継続的改善が必要となっており、これらをクラウド+Agileによる継続的デリバリの必要性が高まっている。
本講演は、1.はじめに(企業を取り巻く環境)、2.アジャイル開発、3.継続的デリバリ、4.クラウド、5.スタートアップ企業の事例、6.まとめ(これからのITベンダの役割、ITベンダが取り組むべきこと)という構成である。

PROFILE
(株)NTTデータ 技術開発本部 ALMソリューションセンタ/(一社)情報サービス産業協会 クラウド技術調査WG
課長/主査
出本 浩氏
  • 14:30~15:00
  • 後援団体講演

ビジネスリスクの視点から見たITリスクマネジメント

ITガバナンスはビジネスにおける価値創造のためにあるという考え方に立つと、ITリスクマネジメントはビジネスリスクに関するマネジメントと直接的な関係にある。ともするとITそのものやITプロジェクトそのものに関するリスクマネジメントを、ビジネス視点から再考する。COBIT5で提唱されるリスクマネジメントを基礎として。

PROFILE
日本ITガバナンス協会
事務局長
梶本 政利氏
  • 15:15~15:45
  • 後援団体講演

ITSMS認証審査の課題

日本国内では、ITSMS認証制度が2006年のパイロット運用よりスタートし今日に至りますが、認証件数はISMSと比較すると多くはないのが実情です。今回は、ISOマネジメントシステムの利用方法を再確認し、組織と審査機関の関係について再考します。

PROFILE
日本マネジメントシステム認証機関協議会(ビューローベリタスジャパン株式会社)
システム認証事業本部 テクニカル部 プロダクトマネージャー
布村 仁志氏
  • 16:00~16:30
  • itSMF Japan講演

DevOps 開発と運用のランデブー ~運用部門がリードするDevOps促進のアプローチ~

運用不要論まで登場している「DevOps」は、昨今のITトレンドの中でも特に運用管理の業務エリアに強烈なインパクトをもたらすかのように語られています。このセッションでは運用管理部門がDevOpsを冷静に見据え、「サービスによる価値提供」の手段としてDevOpsを一つの選択肢として捉えると共に、DevOpsを積極的に促進できるようにするための短期的および長期的なアプローチを解説します。

PROFILE
日本アイ・ビー・エム・システムズ・エンジニアリング株式会社
サービスマネジメント・エバンジェリスト
岩村 郁雄氏
  • 16:45~17:15
  • 後援団体講演

サービスの開発と運用とビジネスの連携 ~ITIL®とビジネスアナリシス~

システムの開発と運用の連携による、効率的なサービスマネジメントの必要性が高まり、最近ではDevOpsという言葉が流行しています。しかし、開発と運用が連携するだけでは、すべての活動の起点となるビジネスが欠けています。本講演では、DevOpsとビジネスを繋げるために、ITIL®とビジネスアナリシスがどのように役立つかをお話します。

PROFILE
ユニバーサルファシリテーションズ代表
IIBA日本支部 代表理事
川添 真智子氏