デジタルビジネス時代を勝ち抜くITサービスマネジメント

コンファレンス登録フォーム

EXPO登録フォーム(参加無料)

EXPO
初日 11月29日(火)2日目 11月30日(水)
EXPOプログラム(無料)

 

Room B
(定員96名)
Room A
(定員56名)
展示ブース
Terrace Room
12:10-12:30 B1-1
スポンサ講演
  12:30-17:30
EXPO

日本国内におけるITSMツール導入のコツ

日立ソリューションズ 主任技師

谷井 敦史氏

-13:00 《昼食休憩》
13:10-13:30 B1-2
スポンサ講演
A1-1
スポンサ講演

インターンシップの学生や新入社員に!ITシステム運用基礎研修のご紹介

フェス 第2事業部ICTサービス統括グループ グループリーダ

牛嶋 拓氏

これからのITに求められること ~強く、しなやかで、戦略的であるために~

日本クイント 代表取締役

最上 千佳子氏

13:40-14:10 B1-3
スポンサ講演
A1-2
後援団体講演

システム運用管理視点で考えるDevOps

日立製作所 担当部長

広瀬 肇氏

変化に対応するITサービスマネジメントの実現  ~デジタルトランスフォーメーションにつながるiCD活用術~

情報処理推進機構(IPA) 

奥村 有紀子氏

14:20-14:50 B1-4
スポンサ講演
A1-3
後援団体講演

デジタルビジネス時代におけるマネージドICT戦略

NTTコミュニケーションズ株式会社 担当部長

黒澤 大志氏

ITサービスマネジメントの価値を向上させる新しいビジネスアナリシス:BABOK v3

IIBA日本支部
BABOK担当理事

清水 千博氏

15:00-15:30 B1-5
スポンサ講演
A1-4
後援団体講演

デジタルビジネスを支えるクラウドのシステム運用の勘所

NEC プラットフォームサービス事業部 エキスパート

長谷川 貴之氏

行政におけるDevOpsの適用可能性を考える

日本ITガバナンス協会(ITGI Japan)
総務省 行政管理局 技術顧問

梶本 政利氏

15:40-16:10

B1-6
ITSMにおける実践的な「ナレッジ管理プロセス」研究分科会講演

15:40-16:25

A1-5
後援団体講演

ナレッジ管理プロセスのケーススタディと機械学習への期待

深尾 浩氏

今城 龍介氏

山崎 芳弘氏

ISO/IEC 20000導入効果について ~ITSMS(ITサービスマネジメントシステム)の実践~

一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) ITSMS専門部会 主査

塩田 貞夫氏

-16:25  
※スケジュールは変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
講演者紹介
B1-1 / 12:10-12:30
スポンサ講演
日本国内におけるITSMツール導入のコツ
近年、ITサービスマネジメントのツールが注目を浴びているが、ツール導入したものの期待通りの効果を出せている企業は少ない。
効率的な運用管理を実現するために、どのようにITSMツールを導入すればよいか、そのコツを紹介する。
講師紹介
 

株式会社日立ソリューションズ
主任技師

谷井 敦史氏 (たにい あつし)

B1-2 / 13:10-13:30
スポンサ講演
インターンシップの学生や新入社員に!ITシステム運用基礎研修のご紹介
「システム運用とは何か」、「なぜ運用管理が必要なのか」といったシステム運用に関する基本的な考え方や運用管理の重要性をワークを交えて体得できる研修です。研修を通して、ITシステムの安定稼働の仕組み、運用におけるヒューマンエラー対策、最近のシステム開発手法など、広い視野を持つ技術者育成をご支援させていただきます。
講師紹介
 

株式会社フェス
第2事業部ICTサービス統括グループ 
グループリーダ

牛嶋 拓氏 (うしじま たく)

B1-3 / 13:40-14:10
スポンサ講演
システム運用管理視点で考えるDevOps
開発者(Dev)と運用者(Ops)が協調してITによりビジネス価値を高めるというDevOpsの考え方が普及してきています。そのような中、システム運用管理の世界にDevOpsの考え方を取り込むためのアイデアについて、具体的なソリューションを交えて紹介します。
講師紹介
 

株式会社日立製作所
担当部長

広瀬 肇氏 (ひろせ はじめ)

B1-4 / 14:20-14:50
スポンサ講演
デジタルビジネス時代におけるマネージドICT戦略

デジタルビジネスの進展やマルチクラウドの普及等により、企業を取巻くICT環境は大きく変化しており、ICT運用の複雑性と重要性は増す一方です。 本セッションでは、ICT運用の最新動向ならびにこれらの問題を解決した実例と秘訣を紹介いたします。

講師紹介
 

NTTコミュニケーションズ株式会社
担当部長

黒澤 大志氏 (くろさわ まさし)

B1-5 / 15:00-15:30
スポンサ講演
デジタルビジネスを支えるクラウドのシステム運用の勘所
デジタルビジネス時代を迎えシステムのクラウド化が進む今、システム運用の現場はどう変わっているのでしょうか?クラウド時代になり見えてくるシステム運用の課題と、NECのクラウドサービス運用経験から得たその解決方法をご紹介します。
講師紹介
 

日本電気株式会社
プラットフォームサービス事業部
エキスパート

長谷川 貴之氏 (はせがわ たかし)

B1-6 / 15:40-16:10
ITSMにおける実践的な「ナレッジ管理プロセス」研究分科会講演
ナレッジ管理プロセスのケーススタディと機械学習への期待

ITIL®におけるベストプラクティスは過去の知見の再利用であり、ナレッジ管理こそがITIL®の肝要である。しかしITIL®におけるナレッジ管理プロセスの記述は限定的で、すぐに活用できない。そこで実際の4プロジェクトにおけるナレッジ管理を現場の視点でケーススタディし、現状のナレッジ管理の課題を抽出。明らかになった課題解決に向けた機械学習等、人工知能系技術活用への期待を紹介する。

講師紹介
 

富士通株式会社
システム技術統括部

深尾 浩氏 (ふかお ひろし)


 

株式会社クレスコ 
プラットフォームソリューション事業部プロジェクト技術室
シニアITアーキテクト

今城 龍介氏 (いまじょう りょうすけ)


 

株式会社ユニリタ 
ITサービスマネジメント部

山崎 芳弘氏 (やまざき よしひろ)

A1-1 / 13:10-13:30
スポンサ講演
これからのITに求められること ~強く、しなやかで、戦略的であるために~

ITIL® V3の「サービスストラテジ」がまとめられ、戦略レベルの話が取り上げられるようになりました。 戦略は一度作成すれば完成ではなく、この変化の速い世の中において、柔軟に変化し続ける必要があります。しかし、それは同時に高リスクにも繋がります。このバランスを取りながら変革、変身をし続けるには? ITIL® だけに留まらず、昨今注目されているITのマネジメントと価値創出に関わる最新トレンドをご紹介します。

講師紹介
 

日本クイント株式会社
代表取締役

最上 千佳子氏 (もがみ ちかこ)

A1-2 / 13:40-14:10
後援団体講演
変化に対応するITサービスマネジメントの実現  
~デジタルトランスフォーメーションにつながるiCD活用術~

IPAが発表した i コンピテンシ ディクショナリ(iCD)は、ビジネス環境の変化に対応できる企業となるための、業務の実行状況の見える化ツールです。2016年6月6日に公開した iCD2016の概要と、ITサービスマネジメントにおける改善や人材育成への活用方法を解説します。

講師紹介
 

独立行政法人情報処理推進機構(IPA) 

奥村 有紀子氏 (おくむら あきこ)

A1-3 / 14:20-14:50
後援団体講演
ITサービスマネジメントの価値を向上させる新しいビジネスアナリシス:BABOK v3

昨年発行された「ビジネスアナリシス知識体系ガイド(BABOK® ガイドv3)バージョン3」は、従来のITの超上流工程の知識体系から、ビジネス変革(チェンジ)のための知識体系に生まれ変わった。新しいBABOK v3がITサービスマネジメントの価値の向上にどのように貢献できるのかを解説する。

講師紹介
 

IIBA日本支部
BABOK担当理事

清水 千博氏 (しみず ちひろ)

A1-4 /15:00-15:30
後援団体講演
行政におけるDevOpsの適用可能性を考える

近年、民間企業等での取り組みが広がりつつあるDevOpsについて、ISACAから公開されているガイダンスのひとつ「DevOps Overview」を基にして概要を紹介するとともに、行政分野における適用の可能性について考える。

講師紹介
 

日本ITガバナンス協会(ITGI Japan)
総務省 行政管理局
技術顧問

梶本 政利氏 (かじもと まさとし)

A1-5 /15:40-16:10
後援団体講演
ISO/IEC 20000導入効果について
~ITSMS(ITサービスマネジメントシステム)の実践~

当センターでは、ISO/IEC 20000導入によって期待される効果を可視化することを目的として、ITSMS認証取得組織に対するアンケートを実施し、さらに認証取得済の組織にご協力頂き効果紹介のリーフレット作成を検討しております。本講演では、アンケート結果及び組織様の事例から、ITSMS導入によって得られる具体的な効果についてご紹介いたします。

講師紹介
 

一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
ITSMS専門部会
主査

塩田 貞夫氏 (しおた さだお)

pagetop